投稿

ペリカン スーベレーン M400 茶縞(Pelikan M400 Tortoiseshell-Brown)

イメージ
こんにちは文虫です。

世間様はGWですがフリーランサーの私にはあまり関係無かったり・・・
それでもクライアントが休みの所も多いので多少ゆとりがでますね。

さて今日はペリカン、M400の茶縞ことトータスシェルブラウンです。


ペリカンの茶縞は過去に何度が限定販売されているのですが、見かける度に「欲しいなぁ・・・」と思い悩み、そんなこんなしているうちに毎度売り切れとなっていました。
今回はそうなる前に購入。やっとの事で初茶縞です。

きっとまた限定と言って茶縞を販売することと思いますが(笑)



茶縞は構造的には通常ラインナップのM400と違いはなく、カラーが異なるのみです。
同軸が茶縞である事はもちろんなのですが、首軸やキャップの黒色の部分も少しブラウンになっています。


M400なのでサイズはキャップ込みで12.5㎝前後と小ぶり。
その為、スーツのポケットなどだいたいのポケットに挿せるサイズで太さも1㎝弱と異物感もなく自然に携帯できます。
重さだってインクを入れても約16gと非常に軽量!これは使い勝手が良い。
オフィスなどでの実用観点でいくとM400(同200)クラスの大きさがベストでは?


ニブは14金でトータスシェルブラウンの場合はバイカラーニブです。
ペリカンの場合は目立つペリカンマークと紋様が入っているので一見して
スーベレーンである事がわかります。
カッコいいニブなので文虫的にはカスタムしたくなってしまいます。
(そのうちしよう!)



さて肝心の書き心地ですが・・・
箱出し状態ではあるのですが少々物足りない印象です。
金ペンらしい柔らかいコシはあるものの少しだけ筆記抵抗を感じる。
これはペン先がEFだからというわけではなくMでもBでも同様の傾向にあり、接地面積が大きいBのほうが幾分滑らかさは増すものの根本的な抵抗感が同じなのです。


新品ゆえしばらく使用する事で変化しますし、調整する事でガラっと変わるですが第一印象って結構響く部分です・・・
ペリカンというブランドは万年筆ではトップブランドの一つなので人によっては「スーベレーンってこんなもの?」なんて思われるのではないかと要らぬ心配をしてしまいます。
初めての方!がっかりしないで下さい!調整すれば最高の書き味になりますから!

ちなみにペリカンがてがけているPorscheDesignの万年筆は箱出しでも素晴らしい筆記感だっ…

ポルシェデザイン P`3135 ソリッド (PORSCHE DESIGN P'3135 Solid Titanium Pen)

イメージ
メリークリスマス!

最後の投稿から2年半も経過しており我ながら驚きました。きっと私の周りの重力が重くてブログと時間のズレが生まれたのかもしれません。
(一般相対性理論的言い訳)
最近は仕事に必死で万年筆で遊ぶ余裕があまり無かったものの久しぶりに心躍る万年筆を入手し、記事を書かずにはいられませんでした。
今回入手したのは大好きなポルシェデザインの万年筆
P’3135 Solid

このP’3135は日本での取り扱いが全く無い為、超レアな万年筆。 おそらく日本でP'3135のレビュー記事を書いたのは当ブログが初ではないかと思います。
日本のAmazonストアに2店舗ほど輸入代行の形で販売しているの見かけましたが、高額で納期も長く、もしハズレだと大変なので手がだせませんでした。
以前から存在だけは知っているものの、入手が結構難しく諦め気味でしたが、仕事関係の知人を通じてドイツ本国にて定価よりも安く入手する事ができました。
名前の通り、チタンの塊、”SOLID”から削り出してできたシンプルな意匠には、バウハウスの流れを汲むポルシェデザインらしいモダンさを纏っています。

チタンを削り出して作成された軸にはプラズマ研磨を施したのち、純チタンのPVDコーティングが施され、傷への耐性が高められています。 軸は薄い金色を帯びたチタン独特の風合いがあります。


ニブは18金ロジウム仕上げ。特に明記はされていませんが2011年以降のポルシェデザインの万年筆はペリカンが手掛けているのでこちらもペリカンが手掛けている物と思われます。付属のインクとコンバーターもペリカンの物でした。 (以前のPD万年筆はファーバーカステルが手掛けていました)

書き味ですが、特にひっかかりなどもなく非常にスムーズに紙面上を滑ってくれます。
ニブが短めのデザインなので硬そうな印象を持っていましたが、そんな事はなく金ペンらしい柔らかさが有ります。
ペンの重量が約48グラム。ポストしてない状態の31103105よりも重い。 メタル軸らしいズッシリとした重さがある為、長文筆記には不向きですが重心位置が良い為、31103105より書きやすい。


P'3135の面白いギミック プッシュ&スクリューで出し入れする内部シャフト


コンバーターの入ったシャフトを出し入れする所はP'3105と似てますが…

ポルシェデザイン P`3105 ピュアブラック (Porsche Design P'3105 PureBlack)

イメージ
おひさぶりです。
文虫です。

2016年になって初の記事...
仕事の波も今月は少し落ち着いてきたので、超久々に記事の投稿をしてみたいと思います。

今回取り上げるペンは幼馴染の友人からお借りしているポルシェデザインのP'3105 ピュアブラック。



ポルシェデザインの特別モデルの万年筆。
ポルシェ911カレラ ブラックエディションを記念し、同モデルをモチーフとしてデザイン。
ボディはステンレスの金属軸にPVDコーティングを施しており、とにかく真っ黒な佇まい。



万年筆で黒軸というのは定番カラーであり、取り立てて珍しくはないものの、ここまで黒一色というのは滅多に見かけません。





マット仕上げにPVDコートが施された外観はクリップのビレット感と相まって、一見して金属軸と判るオーラを放っていますね。



カタログなどにはとくに説明はありませんでしたが、触り心地がサラサラしており
サンドブラスト処理をしてからPVDコートを施したように見えます。
こういう細かい仕上げに手間をかける所がPDっぽいです。

樹脂軸にラバーコートでも似たような表現は可能だったのでしょうが、ポルシェデザインの
アイデンティティがそうはさせなかったのでしょう。(ラバーコートは加水分解しますしね・・・)
うっすらとレーザー刻印されたロゴもかっこいいですね。




頭冠部にはPDのロゴが刻印されいてます。
一見するとクリップは固定クリップに見えますが、しっかりとスプリング式。
固定クリップに見えるほどクリアランスがきっちりとしており、ガタもなく、精度の高さ
が伝わってきます。

またキャップの密閉度が高い様で半年放置しても書き出すことが可能でした。
(どんだけ放置してたんだよ!)


真っ黒ボディも特徴的なのですが、ニブも珍しい形状。




ニブは18Kロジウム仕上げのF
エラが無く、Rもキツめで真上から見ると巻きニブのようにも見えます。
モンブランのスターウォーカーにも似てるかも。

書き心地ですが
エラがなくキツめのRという見た目通り、粘りのある剛性感を感じさせるものです。
しかし、コシは強いもののスチールニブとは違う種類の硬さです。
金ニブの場合、硬い粘土のような独特の硬さになるように文虫は感じます。

推測ですが、このP`3105は金属軸で重い為、ペン先の剛性感とのバランスを
取っているのかもしれません。重量級の軸にやわ…

ロットリング 800Series 0.5mm シャープペンシル (ROTRING 800 Mechanical Pencil 0.5mm)

イメージ
こんにちは
職場が暑くて死にそうな文虫です。

女性は本当に暑さに強いですね!防犯の為に
締め切って淀んだ空気の中ホットコーヒーにカーディガンとは!
(苦行ですか!?)

男性陣はやはり暑いようで、休憩の度に用もなく
皆総出で外に出ている今日この頃。
(日陰の風が最高!)


さておき。
今日は万年筆ではなく製図用のシャーペンを取り上げたいと思います。

ドイツ ROTRING 800 Mechanical Pencil 0.5mm






むかーしむかしの高校時代に基礎製図検定を取ったのですが
その時に使用していたのがロットリングの製図セット。
その原体験の影響もあってか文虫はステッドラーよりも
ロットリングのほうがなんとなくですが好き。





・ペンの紹介
この800シリーズはロットリングのペンシルでも
フルメタル+リトラクタブル機構を搭載したトップグレードにあたる。
最近はデジタルスタイラスとしても使う事ができる800+もある。

他にも製図用シャープペンシルとしては・・・

廉価な樹脂ボディの300シリーズ
樹脂とメタルのハイブリッドな500シリーズ
フルメタルボディの600シリーズ
などがあります。









・ペンの特徴
ロットリングの製図用ペンシルの流れを持った6角軸のソリッドな作り。
固定の600と違い800は繰り出し式のギミックを搭載していてキチキチと
ギミックを楽しむ事ができる。
適度なクリック感が心地いいので意味もなくキチキチしてしまうのが
悩み所(笑)

精度の高い切削加工によって口金部分のクリアランスは狭く
ガタつきはほとんど気にならない。
ただ注意深く意識するとガタを感じ取る事はできる。
このわずかなガタつきが気になるなら600をオススメします。

スタイラスとしても使える800+はガイドスリーブを格納した状態で
使用することができる。それ以外はほぼ800と同じ。
もしもスタイラスとして800+を購入する場合はその設置面積の大きさに
注意をしたほうがいいかもしれない。











・デザインについて
デザインは円と直線で構成されたフルメタルで
いかにも工業製品然としています。

一見すると工場にあるポンチにも見えるロットリングの
製図ペン、この遠目からでもロットリングだとわか
るこの意匠は仏や伊ブランドとはベクトルが異なりますが
これも立派なブランドアイコンですね。

華はありませんが・・・

プラチナ万年筆 プレジデント シルバートリム 万年筆 (PLATINUM PRESIDENT PTB-25000PR BLACK F)

イメージ
こんにちは文虫です。
GWも終わり、だいぶ暖かく・・・というか暑くなってきましたね。
私の職場は換気が悪いのか暑くなりやすく、エアコンが働かない
この時期が一番暑い気がします。


皆さんの職場はどうですか?
冬暑く夏寒いなんて方も多いのでは?
(女性の方は冬も夏も寒そうにしてる方が多いですが)


さておき、本日は去年の秋ごろ日本橋丸善で購入していた
プラチナ万年筆のプレジデントを取り上げたいと思います。




・ペンの紹介
プレジデントはスタンダードラインナップにおいて18金のバイカラーニブを
持ったヘビーライター向けのフラッグシップなモデルなのですが、なぜか
センチュリー系と比較してプロモーションが弱くて存在感控えめのちょっぴりかわいそうなモデル。



・ペンの特徴
センチュリー系とはニブもペン芯も異なるペン先を搭載しており
スリップシール機構もありません。
ですが今の所スリップシール機構がない事で特別乾燥しやすいと
感じる事はありません。





・デザインについて
プレジデントは膨らみの強い堂々としたバランス型のデザインです。
よくモンブランっぽいとか言われますがどうでしょうか?
私には黒くてバランス型という点くらいしか似てる所がない気もしますが・・・

でも興味無い人からしてみれば

黒いバランス型万年筆=モンブラン

くらいの感覚が普通なのかもしれません(笑)

私が購入したモデルはリングやクリップがロジウムメッキされた
シルバートリムタイプでゴールドトリムよりもシャープな印象です。



ニブもロジウム塗りわけのバイカラーでなかなかに高級感があります。
バイカラー好きな文虫としてはポイント高し。




先日、A氏のカスタムヘリテイジ92をカスタム845のようにバイカラーに
したのですが(カスタムをカスタム!)その際、実はこのプレジデントも
一度ロジウムを剥がして再メッキしています。

というのも新品に関わらずちょっぴりニブの小傷が目立っているのと
ロジウムがはみ出てたりして気になりましたので自分で磨いて完全に
鏡面にした後に再メッキを施しました。

プラチナ製の鍍金は比較的簡単に鍍金がとれるので文虫としては
楽ちんで良いのですがどうなんでしょうね?(汗)
一般的に鍍金装置を持ってる人はいないと思いますし・・・


新品でも精密ルーペで見ると意外と小傷が目立つものが多くあり
常識的には気にし過ぎなレベルですが…