2014年8月20日水曜日

ペリカン エーデルシュタインインク ガーネット Ink of the Year2014 (Pelikan Edelstein Ink GARNET)

エーデルシュタインシリーズ インク11個目

ガーネット

Ink of the year 2014

1月の誕生日石であるガーネットの名前を冠した今年のインク。
日本名「柘榴石」、赤い色味を持つ宝石です。
石言葉は「真実・友愛」

エーデルシュタインは最近人気があるのか、去年よりも
店頭からインクが消えるのが早い気がします。

文虫も7月に伊東屋の寄った際、店頭でガーネットを見かけたので購入しようか
迷ったのですが、「次回で良いかな?」なんて考え伊東屋を後にしました。
そして先週再度伊東屋に来店した時には「もう在庫が切れました」との事・・・

なくなるの早くないですか?

この調子だと2015年の限定インクは更に店頭から消えるのが早くなるかも?

さておき、なんとか入手したエーデルシュタインのガーネットを使用してみました。

瓶越しには色の判別ができませんね


当初以前記事にしたトルマリンと似たような色合いと店員さんから聞いていたのですが
実際に目にしてみると、むしろエーデルシュタインのルビーに近いと思います。



写真だと一部、紫っぽく見えますね。

トルマリンはほぼ紫ですが、ガーネットはやや明るい赤・・・朱色といった風情ですが
暗い環境だと確かに赤味が抑えられてトルマリンっぽくも見えますね。

光の当たり方やで見た目も印象も変わる面白いインクです。
日光の下で見るガーネットはまたガラっと変化します。



第一印象としてはルビーっぽくも見えます




これは赤にも見える?



朱色っぽくも見える

様々な表情を見せる、ガーネット。

第一印象として女性的な色という先入観がありましたが、
日本の「朱うるみ色」にも見え、書く文字によっては和風となり、渋みのある
印象を持たせる事もできそうな色あいです。

センス的な意味で上級者向けと言えるかもしれません

今年のInk of the year、奥の深いインクとなっています。


奥の深いインクに仕上がってます


文房具 ブログランキングへ



0 件のコメント:

コメントを投稿