2014年1月17日金曜日

ペリカン エーデルシュタインインク アヴェンチュリン (Pelikan Edelstein Ink AVENTURINE)

エーデルシュタインシリーズ インク6個目

アヴェンチュリン


一般的には「インド翡翠」と言われているが
似ているだけで鉱物的には全く別ものらしく
正確には「クロム雲母入り珪岩」との事。

石言葉は「素直・優しさ」





色は濃いグリーンで、濃淡はグラデーションが2段階でハッキリしたもの。
濃淡の為か迷彩色のような雰囲気になり、「森林」を強く連想させてくれます。
クッキリとしたグリーンの字は紙面にとても映えます。

万年筆らしい筆跡を強く強調されるこのインク。
印象の強さや若々しさ、強く訴えかけるものを感じませんか?
メッセージ性のあるインクだと思います。

でもよーく見てると、そこはかとなくスイカを連想します(笑)
スイカ?


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿