2013年5月17日金曜日

セーラー プロフィットスタンダード 万年筆 (SAILOR PROFIT STANDARD)

知人の万年筆のリフレッシュを行いました。
ペンはセーラーのプロフィットスタンダード 

今回は、ブログに記載する事を考えていませんでしたので
作業前や、作業中の写真を一切撮っていないのです・・・。
すみません。


なのでいきない作業完了してます(笑)
例のごとく分解 洗浄 傷とり ヘラ掛け 鏡面研磨 ニブ調整
を行いました。

この丸みをおびたフォルムが何とも良いですね。



今回リフレッシュ工程を省略してしまったので
ちょっと別の話を。

セーラーのプロフィットスタンダードは現行のモデルは
キャップのリングが2重です。

今回お預かりしたらプロフィットも2重リングです。
なので現行品と思い作業を始めたのですが、ニブを見たら旧型のニブ・・・

本人にお伺いしてみた所、キャップを割ってしまいダメにしてしまったようで
ジャンク品のプロフィットを入手してキャップを付け替えたそうです。

オーナー様も気を使わない「相棒」として愛用されているそうです。

そこで私も今回、時間が余ったので「相棒」としての
磨きをかけるべくちょっとしたサプライズを施しました。























写真をご覧ください。

ロジウムコートでバイカラーに(笑)

高グレード感!
ごーじゃす!

この自分でバイカラー化って簡単なようで非常に大変なんです。

ニブって小さくてマスキングが困難な上マスキングした後も
脱脂工程等への影響、延いては電解メッキの密着強度にも影響します。
なので物凄く神経と時間をもっていかれます(笑)

メーカー等の製造工場であれば専用のマスクが予め製作されて
いるはずなので簡単だと思いますが、自分でやるとなると本当に
大変。

でも、手間はかかりましたが良い具合に仕上がりました!

プロフィットスタンダードのバイカラーニブは
市場に無いのでちょっと自慢できるのではないでしょうか?
上位グレード万年筆へ変身です。

オーナーさんも大喜びして頂けたので私も嬉しいです。
(もし嫌!って言われたいたらこの後ロジウムを剥がす悲しい作業が・・・)


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿