2013年1月26日土曜日

COACH 万年筆 MonoMax付録 ①


雑誌MonoMAXの付録に万年筆が付属するというので思わず衝動買い。


・外観について
これ・・・数百円の雑誌の付録にしてはすごい頑張っている印象をうけました。

「高級感」とまではいかないにしてもそこそこ様になる感じです。
胴軸やキャップにはCOACHのシグネチャストライプと呼ばれるエンボス状の
模様が施されています。

ただ、よく見るとビニールっぽさが有り、ちょっと残念な感もあります。

とはいえ、それは文虫のような男性目線であり女性目線では
そんな所は気にしないのかな・・・?


塩ビやビニール感満点のアイテムが凄まじいお値段で買われていく
のがファッションブランドの世界の常識ですから。

ただ首軸の鏡面はチープな感じで安っぽさが否めません。
遠目にはわかないからいいのかもしれませんが気になります。






廉価帯の市販万年筆と比較すると、この万年筆はハイレベルです。
雑誌付録という事もあり、出来についてはバラつきがありそうですが
雑誌の付録にしっかりとした品質や検品を期待するのは酷な話かと。

(気に入らないなら自分で気に入るように改造しちゃえ!安いし!)


・書き味について
私のはペン先のスリットが良くないらしく筆記中にスキップが多発します。

これはさすがに気持ち悪いのでそのうちペンポイント含めてカリカリと調整しようと思います。
インクは一般敵なヨーロッパ規格のものが使えます。
写真ではファーバーカステルのロイヤルブルーのカートリッジを使用しております。

インクのスキップ問題は別としてペンポイントの塩梅は良いようで、付録とは思えない
滑らかさ!これだけで買って良かったと思えました。


・総評
700円台で買える万年筆としてはとても優れた一本。
価格帯的にカジュアル万年筆に分類されると思いますが
このデザイン性は3000円~5000円くらいの万年筆と
並べても劣っていない。
不良品で無ければ買って損はしない良い万年筆。

残念な点としてはCOACHというブランドが売りであるにも拘らず
ニブに全くデザインが施されていない事。
逆にそれがデザインなのかもしれませんが、雑誌付録である点
を考えるとやっぱりコストの問題だと私は邪推します。

また大事なニブに打ち抜きの際についたと思われる子傷が多いです。
(これは自分で研磨して超鏡面仕様にしてカバーします)

以上のように残念な点もありますが
色々改造すればカッコ良くなりそうな一本。

市販されていないという点でほのかにプレミア感もあり
記念にもう一本買っておいても良かったかもしれません。


・最後に
インクのスキップやニブの小傷が気になるので、
 ・ニブの傷取り
 ・鏡面仕上げ、
 ・ペンポイント調整
 ・スリット調整
 ・ニブの多層メッキ(時間があれば)
施そうと思います。

ニブの状態(現状)↓


うーん、 結構深い傷もありますねぇ。
雑誌の表紙に写っているニブは嘘です。

次の②ではニブの調整を施しております。

COACH 万年筆 MonoMax付録 ②


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿